精神的な負担も軽減|健やかな成長のためには子供のうちに歯科へ

快適な口腔内を作るために歯科で治療を受ける

今と昔の違い

以前と現在の治療方法

以前では、矯正歯科の治療は歯の表に金属を装着するという治療が主流でした。見た目も悪く、治療期間も長くて耐え難い痛みを伴うという感じでしたが、最近では少し変わってきています。矯正を専門にする矯正歯科も増えて、以前よりも治療方法も増えています。歯の表ではなく歯の裏側に器具を装着できる治療方法もあります。また透明な医療材料で自分て取り付けできるマウスピースを使った方法もあり、食事の際には取り外す事ができます。また痛みを和らげる器具もあり患者さんに合った矯正治療を行うことができました。しかし矯正は健康保険適用外ですので矯正歯科によって治療費が変わってきます。治療法も多くあるので、いくつかの矯正歯科を受診して自分に合った場所を見つける事が大事になってきています。

進化する矯正歯科の治療

矯正歯科は歯並びを改善する歯列矯正以外に他にもあります。顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い顎変形症の場合などは外科的な矯正が必要です。この場合は健康保険が適用になるケースがあり外科手術と矯正装置を使って行う矯正方法です。また補綴矯正という悪い歯の形の一部分だけ変えてセラミック素材などの人工歯をかぶせたり、貼り付ける治療もあります。歯列矯正をしなければと思っていてもいざ診察してみると一部分だけ治療だけすれば改善するパターンもあるので、一度診察してみるといいかもしれません。インターネットの口コミや評判である程度自分に合った矯正歯科を見つけて受診する事をお勧めします。場所によっては相談は無料という矯正歯科もあります。

Copyright© 2015 精神的な負担も軽減|健やかな成長のためには子供のうちに歯科へ All Rights Reserved.