精神的な負担も軽減|健やかな成長のためには子供のうちに歯科へ

快適な口腔内を作るために歯科で治療を受ける

認定された歯科医

歯の形や色などの見た目を整えるための矯正歯科治療を受けるなら、矯正歯科学会に認定された歯科医を探して受診するようにしましょう。注意点としては、矯正歯科は自由診療扱いだということです。

今と昔の違い

金属を装着することが主流だった矯正歯科も、現在はさらに効率のいい方法に変わっており、透明のマウスピースを使用する方法などがあります。こういった治療は、痛みもほとんどありません。

小児矯正歯科

小児矯正歯科の主流の治療

小児が最初に矯正歯科にかかる年齢は大体6〜8歳が理想的とされています。3〜5年、もしくは永久歯が生えそろうまで続けるため、一般的に長くかかるのが特徴です。矯正歯科での治療は、取り外し式の簡単な装置でまず最初にあごを広げていきます。その後二週間に一度の割合で装置を少しづつ広げていきます。この装置を全体の期間2〜5回作成します。一日十時間以上の着用が義務付けられていますが、食事の際には取り外しでき、清潔に使えるのがメリットです。また、子供のころから矯正を行うことで、将来的に抜歯するリスクを減らすことが出来ます。装置の着用時間が短かったり、歯が逆転して生えてきたりなどの問題が生じた場合は、小児矯正からマルチブラケットへの矯正へ変更することも可能です。

最新の矯正器具、クリアライナーとは

矯正歯科で現在一番新しい矯正器具として人気なのがクリアライナーです。こちらはマウスピース型の矯正器具になります。最大の特徴として、取り外しができること、目立たないことが挙げられます。また、虫歯の治療や、ホワイトニングが同時進行で出来ることも大きなメリットです。目立つ装置を人前で見せることがないので、精神的な負担も軽減できます。ただ、着用時間が20時間程度を推奨となっているため、食事以外の時間はなるべく装着しなくてはなりません。料金としてはマルチブラケットよりもやや低めの設定が多いようです。使用中に割れたり、ひびが入ったりすることも多いので、クリアライナーで矯正歯科を考える場合は破損した際の金額が別途なのか、何回取り替えても追加料金がかからないかを事前に確認しておくといいでしょう。

Site Menu

Copyright© 2015 精神的な負担も軽減|健やかな成長のためには子供のうちに歯科へ All Rights Reserved.